LABYRINTH OF UNDERCOVER

こんにちわ!!muguetの加藤です。最近は写真展やらなにやらご紹介するものの会期が変則的でご紹介した際にはもう終わってるのもチラホラ御座いました。ですので今回はクリスマス前までやっているこちらをご紹介させて頂きます!!

 

LABYRINTH OF UNDERCOVER “25 year retrospective”

 

『 本展は、UNDERCOVERのブランド設立25周年を記念して、美術館で初めて開催される展覧会です。タイトルの「LABYRINTH OF UNDERCOVER “25 year retrospective”」は、多面的なクリエイションが複雑に絡み合って独自の世界を打ち出すUNDERCOVERの特質を表わすものです。 本展では、東京オペラシティ アートギャラリーの広い展示空間を活かして、ファッション、映像、ドール、絵画などの多種多様なクリエイションが次々に展開されます。「LABYRINTH OF UNDERCOVER」は、本展の展示空間を表すタイトルにもなっているのです。 まさにLABYRINTH(迷路)のなかを歩くような感覚で、多様なクリエイションや物語が複雑に絡み合いつつ、混沌として豊かな世界を提示するUNDERCOVERの魅力と醍醐味を体感していただけることでしょう。』

(公式HPより抜粋)

流石公式HPです。僕が説明して回りくどくなるよりよっぽどいい。(← 手抜き

 

 補足させて頂くと映像のブース以外は写真撮影が可能でした。ですので気合いの入ったカメラがあっても良かったかなと。残念ながら僕はそれを知らなかったもので、安心安定のiPhoneでの撮影に。それでも帰ってiphoneのデータ共有してたら100枚位撮ってました(笑) 流石に100枚も載せたら重くてページが開けなくなってしまいますので厳選してお送りさせて頂きます。それでは行きましょう!!

 

 

今回の展示のポスター。アンダーカバーのロゴがラビリンスをイメージした迷路風の模様になってました。

 UNDERCOVERのデザインラボにもあるカオスマーク。デザインソースになることもチラホラ。

  歴代のshowのインビテーションも貼ってありました。

 デザインが一つ一つが全く違うのでこれだけでも見てて面白かったです。

 これはファーストコレクションの時のものだそうです。学生の時にブランドを立ち上げたとデザイナーさんのプロフィールに書いたありましたので、そうなるとこれ学生時代に作ったのかな……

こちらは2004s/s  ‘LANGUID ‘ というコレクション。延びる歪むというテーマのコレクション。

仕事場をイメージさせる展示。デザイナーさんの永遠のスター、ジョンライドンのデカい写真が鎮座。

油絵も数枚。世界観を凝縮したような絵。

感情に影響を及ぼす雰囲気。(すごい)  

 こちらは2011s/s  ‘UNDERMAN’ の時に作成されたUNDERMANの1/1サイズ。こういうところの本気度もすごい。  

似た感じのだと、ステッカーチューンされたSTARWARSのトルーパー。これは私物?  

 2014a/w ‘COLD BLOOD’ このコレクションのヘアメイクがすごかった。

髪の毛(ナイロン毛)でつくられたクラウン。

IMG_1685-0.jpg

2015a/w ‘HURT’ ランウェイ時も強烈なインパクトを残したこちらのコートが展示されてました。

IMG_1683.JPG

 ガラスの破片が刺さっているように見えるコート。ミラーボールの様に光を乱反射してました。スゴイ凝った一着。ついクリーニング屋さんこんなの持ってこられたら仕事しづらそうとか思ってしまいました。

 出口付近にはUNDERCOVERの世界観の中でこれもよく出てくる架空の生き物 ‘GLACE’ がfamilyでお見送りしてくれる感じになってました。

 ちなみに映像ブースはコレクションの映像を四つのスクリーンでそれぞれループ再生してましたので、全部見ようと思ったら余裕で一日居れそうです。

 

 

さて、場所が変わりましてこちらはundercover青山店。こちらにもポスターが貼ってありました。

muguetから徒歩3分くらいのご近所さん。今だと丁度2015a/w ‘HURT’ のコートが店頭に並んでる(はず)です!!

1FがレディースでB1Fがメンズになってる作りで内装もすごい凝ってます!!展示やmuguetの前後にお店に行ってみるのも良いかもしれませんね!

 

 

 ちょっと遅くなりましたが、ここでデザイナーさんをご紹介。

               

高橋 盾(Jun Takahashi)

1969
群馬県桐生市生まれ
1990
文化服装学院在学中にUNDERCOVERをスタート
1994
東京コレクションデビュー(1994 A/W)
1997
毎日新聞社より毎日ファッション大賞新人賞・資生堂奨励賞を受賞
2001
毎日新聞社より毎日ファッション大賞を受賞
2002
パリコレクション初参加(2003 S/S)
2009
第76回ピッティ・イマージネ・ウオモに特別ゲストとして参加
2013
2度目となる毎日ファッション大賞を受賞

 

【愛称はジョニオ。文化服装学院在学中に、セックス・ピストルズのコピーバンド「東京セックスピストルズ」(バンド名は音楽評論家の大貫憲章さんから貰ったもの)のボーカルを担当しており、本家のジョニー・ロットン(ジョン・ライドン)にソックリと言われていたことからその名が付いた。】

(wikipedia抜粋)

 

 

 

しらべもの たのみのつなは ウィキペディア

                    かとを

 

 

流石wikipediaです。僕が説明して回りくどくなるよりよっぽどいい。(←二回目)

 

愛称のエピソードはファンの中では有名な話なので抜粋してみました!

 

僕がファッションに強く興味を持ち始めた頃はいわゆる‘裏原系’と呼ばれていたこのブランドも今や日本を代表するファッションブランドの一つになってます。今も昔も変わらず羨望の眼差しで見続けてるブランドの歩みを振り返り、当時の自分では気付けえない側面が見れたのもかなりいい刺激を頂けました。

 

 

 ファションブランドですから洋服が中心なのは当たり前なのですが、それだけに留まらない幅広いクリエイションを体感出来る又と無い機会だと思いますのでファンの方はもちろん、ファンじゃない方も是非行ってみて下さい!

 

以上、加藤がお送りしました。

 

それではまた!!

 


UNDERCOVER AOYAMA FLAGSHIP STORE
IMG_1783.JPG

〒107-0062 東京都港区南青山5-3-22 BLUE CINQ POINT A 1F&B1F

TEL : 03-3407-1232

開店時間 : 11:00~20:00

公式HP : http://www.undercoverism.com

 


東京オペラシティ

オペラシティ

〒163-1407
東京都新宿区西新宿3丁目20番2号


LABYRINTH OF UNDERCOVER “25 year retrospective”

undercover

会 場:東京オペラシティ アートギャラリー[3Fギャラリー1, 2]

開館時間:11:00 ─ 19:00 (金・土は11:00 ─ 20:00/いずれも最終入場は閉館30分前まで)

会期:2015年10月10日(土)〜12月23日(水・祝)

休館日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)

入場料:一般 1,200円(1,000円)、大学・高校生 800円(600円) 中学生以下無料

公式HP http://www.operacity.jp/ag/exh181/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です